始める前に

初めて始める時という状況では何よりも事前準備をサボってはいけません。

 

トレードを始める前ならば起こる事を論理的に調査する事が可能です。

 

だがしかし、ただ一度取引の内部に飛び込んでしまうと捉え方が主観的になる事が多く、時々ちゃんとした判断が分からなくなる不安があります。

 

だからこそ自分のメンタルが落ち着いている間に、ちゃんとした事前準備が大切なのだ。

 

この"準備"とは、自らの筋書きを記す事から行います。

 

これからのこの通貨は上がる(または下がる)からNZドルを勝負するといった、あなただけの筋書きを書いていきます。

 

次はローソク足チャートを調べましょう。

 

それまでの為替相場の上がり下がり見極めて、現時点の値動きを見ます。

 

そうすれば、「今日は相当低すぎる状態にあるな」など、それとも「もう大多数の買い(あるいは売り)に動いているから今から取引してもすでに遅いな」などと判断できます。

 

当たり前ですがもう買い(または売り)するのがなすすべがないと感じたら売買しないで、その場面では潔く諦めることが肝心です。

 

どう工夫しても自分の筋書きを妥協しないで、無理にトレードすると外国為替市場に押し返されてしまい逆にマイナスになるリスクがあります。

 

もっともかなりの状況で準備が出来ている自らの筋書きを思い描いていれば取引が遅いということにはならないでしょう。

 

たぶん、明確に市場が変化する前の状況のはずです。

 

次は、差し当って自分が注文しようとしているポジションの上下の動きを、注意深く確認する事が大事です。

http://www.warakuan.jp/

もし、ドル高が進むだろうという台本を作ったのであれば該当する通貨の推移に注目する事が大切です。

 

市場の上下動を気をつけ始めたばかりではまだその通貨は明確に上下動する兆しを見せず、ちょっとした動きをしているだけでしょう。

 

だが、その上げ下げを確認しているとある場面でじわじわと、ドル高の方向へと外国為替相場が向い始めます。

 

ここでようやく、ドル買いの新規注文を出すのだ。

 

通常は、ここまで念入りに準備を考えておけば、その売買で勝つ率はぐっと高くなるはずです。